ケーブル船事業

海底ケーブル敷設船の運航管理を行います

最新設備を備えた2隻の海底ケーブル敷設船「KDDIオーシャンリンク」および「KDDIパシフイックリンク」の運航管理を行い、インターネット時代を支える海底ケーブルの敷設・保守を安全かつ迅速にサポートしています。

  • KDDIオーシャンリンク
  • KDDIパシフイックリンク

海底ケーブル敷設作業

2隻の船内には、それぞれ4,000キロメートル以上のケーブルを積み込むことが出来ます。この長さは、東京~サンフランシスコ間の約半分に相当するため、わずか2回の航海で日米間のケーブル敷設が可能となります。

ページ上部へ

自動船位保持装置(Dynamic Positioning System:DPS)の実績を活かします

自動船位保持装置
(Dynamic Positioning System:DPS)

海底ケーブル敷設船にはDPSが装備されており、水深数千メートルという大海原で一点に留まり続けることができます。このシステムは洋上で石油や天然ガスを生産・貯蔵・積出する浮体式施設に接舷するタンカーや支援船等にも装備されています。当社では20年以上に亘るDPSの実船でのノウハウを活かして、海洋事業に係わるコンサルティング業務やDPSの操船技術を持つ船員の養成を支援します。

ページ上部へ