海事コンサルティング

国際社会のめまぐるしい変化に伴い、船舶や港湾をとりまく環境も日々変化を続けています。

このような時代の中、我が国の経済活力の再生が求められており、国際輸送を担う船舶交通や港湾施設等の役割は、ますます重要性を高めています。特に、船舶交通の安全性の確保は、持続的な経済活動に欠かせない取り組みであり、大規模海難は荷主・船社に多大な損害を与えるだけでなく、生活・経済・環境へも大きな影響を与えることとなります。

また、経済活力再生の課題の一つとして物流コストの低減が求められており、船舶交通の効率性の向上も重要な課題となっています。更に、環境・アメニティ、ユニバーサルデザイン、災害・国際テロ等への意識の高まりに対する配慮や、高度情報化技術の活用も、これからの船舶交通や港湾施設の整備に求められています。

このような社会の変化や多様なニーズに応えるため、商船三井の船舶運航ノウハウを活かしながら、広く客観的な視点により、的確な海事コンサルティングサービスをご提供いたします。

船舶係留時の安全性検討
船舶係留時の安全対策や長周期波による船体動揺の低減方法を提案

船舶航行環境の評価
船舶交通の調査・解析や安全性・効率性の評価をサポート

港湾機能評価
新たな航行環境について操船環境の安全性を評価

物流施策の検討・評価
物流施策や経営の評価・物流効率化の取り組み・港湾空間や船舶の危機管理をサポート

ページ上部へ