操船シミュレーション

シミュレータ訓練

シミュレータを使用することにより、各種船舶の基本的な操縦性能の体験の他、様々な気象海象条件下における船体の挙動の体得、各港により異なる入出港方法の把握など、各種操船訓練を繰り返し実施することが可能です。
訓練に関するどのような事でもご相談下さい。乗船勤務を経験したスタッフが豊富な知識や訓練経験を基に、現場の目的に沿った訓練をご提供致します。


操船訓練

船舶の大型化、船種の変化への対応。限界風速下での着離桟。港により定められた入港手順の把握。船長で初めて乗船する、新入社の航海士、少ない経験を補う…、訓練の目的は様々です。

シミュレータを使用した操船訓練は、理論的に把握した船舶の操縦特性をシミュレータで実際に操船することで、現場で有効な技術を修得することができ、船舶の安全運航に役立てています。

操船訓練(例)
  • 船長対象入出港操船訓練
  • 水先人対象入出港操船訓練
  • バースマスター対象入出港操船訓練
  • SBM離着標操船訓練
  • ドックマスター対象入出渠操船訓練
  • 航海士対象沿岸航海訓練
  • 航海士対象船長補佐訓練
  • 新人航海士導入訓練

船橋内の機器は実機を多く取り入れ、商船三井が運航する大型商船にならって配置し、装備でも臨場感を高めています。

ページ上部へ

BRM (Bridge Resource Management) 訓練

BRM(Bridge Resource Management)訓練は、連絡ミス・操作ミス・思い込み等のヒューマンエラーから起こるトラブルをなくすため、人と物の情報を最大限に活用して海難事故を予防するための訓練です。

当社は1996年のシミュレータ導入と共にMOLグループの運航船からの情報を基に独自の改善を繰り返して来ました。2014年5月IMO Model Course1.22に完全準拠し、NKの認証を取得しました。これからも現場の変化と共に改善を続けていきます。

詳しくはBRM訓練のページをご覧ください。

ページ上部へ

訓練対象海域

国内データベースの一例をご紹介します。

  • 横浜港
  • 四日市港
  • 大阪港
  • 関門海峡

ページ上部へ

豊富な船種

目的に沿った操船訓練をご提供するため、ご要望に応じた新規船舶の作成も承ります。

  • 油送船
  • LNG船
  • コンテナ船
  • ドライバルク船
  • 自動車船

ページ上部へ